エピソード満載☆賃貸物件の体験談

暮らしのマナーとトラブル対処

マンションで暮らすのであれば、多数の世帯が一つの敷地を分け合っている形となっているため、生活上のマナーが大事です。
たとえば、マンションであれば、騒音問題が起こりがちです。
これは、賃貸であろうが、分譲であろうが、共通している点です。
そのため、気を遣った生活をすることまた、重要でしょう。
しかし、なかなかできないのが、現実でもあります。
自分で騒音元となってしまうこともあれば、相手から受けてしまうこともあります。
どちらでも、住民同士で解決しようと思えば、大事となる可能性があります。
そうなれば、ひどい時には、事件となってしまうこともあります。
そのため、騒音などの問題があれば、第三者に相談することも大切です。
まずは、不動産管理会社に相談すべきでしょう。
小さな企業であれば、営業担当者が窓口となりますが、大きな企業であれば、苦情窓口があります。
そういうところを利用する方法があります。
積極的なところでは、騒音元を特定し、注意することもあります。
しかし、あくまで仲介業者であるため、一般的には、注意ビラを全戸に配ることで、おしまいです。
それで止むことがあれば、問題はないでしょうが、そうならないケースが多いことも確かでしょう。
そのため、自ら相談センターなどを使う方法があります。
たとえば、消費者センターなどがあります。
これは公益法人であり、いろいろな苦情を受け付けています。
また、役所でも、相談窓口があります。
専門家への相談が無料でできるため、非常に有益な情報を受けることができます。
しかし、相談センターは、あくまで第三者として、アドバイスするだけです。
仲裁などをすることはなく、最悪は、自分で裁判を起こすことです。
賃貸マンションであれば、少額訴訟になり、簡易裁判所に訴えることになります。
本人訴訟の形を取り、結審まで短い期間で済むようです。
しかし、騒音の場合、主観的な要素が強いため、裁判で証明するためには、それなりのきちんとした証拠を根気よく集めることが重要でしょう。
また、所有物によるトラブルも、近隣との間で起こりがちです。
物につまずいて、ケガをしたなどがあります。
この場合、保険が適用されるでしょう。
なお、賃借人とオーナーとの間では、家賃であったり、あるいは、敷金を巡るトラブルが発生しやすくなってます。
特に、敷金の場合、お互いの認識の違いで起こりがちです。
最悪は、少額訴訟となるため、その点を重々認識しておくことも、賃貸マンション暮らしには、重要なことであると思います。
Copyright (C)2018エピソード満載☆賃貸物件の体験談.All rights reserved.