エピソード満載☆賃貸物件の体験談

経営者としての賃貸

日本がバブル経済の頃、もっとも目立った動きをしたのが、株と不動産です。
株価は、最高で三万円程度を記録したようで、崩壊時の最低が七千円程度であり、その落差を感じることでしょう。
また、不動産も、実体に見合わない程、価格が上昇し、短期で儲けるために、短期での不動産売買が行われました。
結局、買いすぎた人が、バブル崩壊で、大きく損をし、それが今日まで続いているようです。
これもまた、加熱した景気の反動であり、いつまでも繁栄が続かないことの表れかもしれません。
しかし、そうだからといって、不動産投資がなくなることはありません。
むしろ、投資家の中には、バブルが崩壊した後こそ、積極的な投資ができると思った人も多いようです。
そうして、失われた20年の間に、儲けた人がいることも、事実でもあるのでしょう。
いずれにせよ、不動産投資は、いつの時でもあり、現代でもあります。
そんな不動産投資の一環が、マンション経営になるでしょう。
これは、家賃収入によって、収益を見込むもので、長期型の投資になります。
要するに、賃貸マンションオーナとなることです。
最近では、単独でなるものではなく、共同オーナーなどがあります。
出資金に応じた分配なされるようで、一般サラリーマンでも、参加しているようです。
インターネットからも応募できるようで、非常に利便性に富んでいます。
しかし、マンション経営も、単にマンションを持てば良いものではないようです。
入居者を失わないようにするため、魅力ある施設などを提供することが、大事であるようです。
あるいは、人が集まるような条件なども大事であり、ペットが飼えることは、その典型的なものでしょう。
そのため、収益を見込めるようなマンションを購入すべきです、もちろん、土地を購入し、新築マンションを建設することもまた、可能です。
あるいは、中古マンションを購入し、リフォームすることで、人を集めることもできます。
あるいは、競売などを使って、既存のマンションをそのまま買い取ることもできます。
ただし、競売の場合は、差し押さえ物件であることも多いため、権利関係をしっかり確認することが大事です。
とにかく、今では、賃貸マンション経営をし、長期収益を見込んでいる投資家がいます。
仮に資金が足りないのであれば、先で触れているような共同オーナーから始めてみることも、重要かもしれません。
そうして、マンション経営のあり方を身に付け、いずれ単独で所有するということが、最適かもしれません。
Copyright (C)2018エピソード満載☆賃貸物件の体験談.All rights reserved.