エピソード満載☆賃貸物件の体験談

今時はペットも飼える

かつてであれば、ペットを賃貸マンションで飼うということは、御法度のようでした。
可能であっても、古い物件であったり、あるいは、特別の許可が必要でした。
もっとも嫌がられた理由は、匂いが付いたり、あるいは、部屋が汚れやすい、ということだったようです。
ところが、今では、かなり変わり、新築の賃貸マンションであっても、ペットを飼えるようになっています。
しかも、ペットが飼えないと、入居者がなかなか決まらないという傾向もあり、以前とは、大きく変わったことがお分かりいただけるでしょう。
これは、ペットブームも大いに関係しているようです。
少子高齢化も影響しているようですが、今では、子供の代わりにペットを飼う家庭も多いようです。
若い夫婦でも、そういうカップルが多いようで、子供が増えない理由でもあるようです。
しかし、少子高齢化の原因は、色々なものがあるため、一概に個人の価値観だけとは言えないようです。
むしろ、経済的な問題があることもまた、事実であるようです。
とにかく、ペットを飼う人が増えているのであれば、そういう人たちを向かい入れるようにするのが、経営者でもあるでしょう。
賃貸マンションのオーナーであれば、そう考えてしかるべきです。
しかし、ペットを飼うからには、それなりの責任が伴います。
たとえば、犬であれば、しつけをきちんとしておくことが大事です。
無駄吠えなどがあれば、騒音問題に発展します。
あるいは、施設の使い方も重要です。
通常は、エレベーターを使えないようになっています。
あるいは、ベランダでペットを飼うことは、非常に危険でもあります。
もっともベランダは、共有部分であり、緊急避難路として利用されるようになります。
ペットはもちろん、大きな荷物などをおくことも、基本的には、禁止であると言えます。
なお、ペットを飼う場合、ペット可あるいはペット相談という記載がなされています。
賃貸マンションでも、そういう記載を見つけて、ペットが飼える物件を見つけるべきです。
また、ペットが飼える場合でも、ペット審査が行われることがあります。
これは、申請通りのペットであるか否かを確かめるもので、犬であれば、無駄吠えなどを試されるようになります。
仮に審査と異なれば、入居できない可能性もあるため、注意が必要です。
さらに、冒頭の方で述べたことと重なるかもしれませんが、ペットが飼える物件では、敷金が高めの傾向にあります。
敷金は、修繕費用などに充当される可能性がある担保金のようなものです。
Copyright (C)2018エピソード満載☆賃貸物件の体験談.All rights reserved.