エピソード満載☆賃貸物件の体験談

賃貸か分譲か

最初の問いに戻るようですが、マンションで暮らすのであれば、賃貸でしょうか?
あるいは、分譲でしょうか?
これは、非常に悩む人もいることでしょう。
たとえば、資金が十分であり、所有権を欲しいのであれば、分譲が適切です。
今では、中古マンションを購入し、リフォームをすることで、新築並みのマンションにする人もいます。
こちらの方が、新築マンションを購入するよりも、安価になることもあり、しかも、購入とリフォームのローンを合算して利用することもできます。
非常に、利便性に富んでいます。
しかし、そこまでマンションにこだわりがないということであれば、賃貸マンションを選ぶかもしれません。
もしかしたら、家賃を支払っている分をローンに回した方が、コストの無駄にならないのでは、と思うかもしれません。
確かに、それが言えている面があるかもしれません。
ローンの月額代と同じ程度の家賃もあるため、折角であれば、所有権を持ってしまった方が、資産にもなるため、非常に有益かもしれません。
しかし、ローンは、長期に及びます。
マンションの価格にもよりますが、十年単位での返済となることがあります。
そうなれば、最初は問題なくても、徐々に支払いが大変になるかもしれません。
確かに、返済方法で計画を立てやすいものがあります。
しかし、それでも、長期返済期間に何があるかわかりません。
いきなり会社を解雇される可能性があります。
そうなれば、支払いが滞り、最終的に差し押さえとなって、担保を実行される可能性があります。
ローンを組んでいれば、実際、完済するまで所有権があるようで、ないような状態です。
そのため、苦労して支払い続けているローンであるのに、家を失ってしまう可能性があります。
これなら、賃貸の方が、金銭関係だけであり、気軽な面があることは、否定できないでしょう。
住まいについて、賃貸派と分譲派があるようですが、賃貸派は、こういう面を重視していることもあるようです。
いずれにせよ、賃貸でも分譲でも、マンションに住むことは、それなりのことを念頭に入れておくべきです。
すでにお話していますが、やはり、マナーを持った生活態度がマンションでは重要になるでしょう。
なお、マンションの中には、賃貸と分譲が共存しているところもあります。
仮に賃貸に入り、気に入ったので、空いている分譲タイプを購入する希望を出すこともできます。
そうであっても、基本的には、価格が安価になるということはないですが、これもまた、住まいを選ぶための経験となるでしょう。
Copyright (C)2018エピソード満載☆賃貸物件の体験談.All rights reserved.